技術者のための熱処理講座<動画バージョン>

2020年2月20日

本稿の目標 熱処理の世界をイメージできるようになろう!

 鉄の熱処理というのは、機械設計・製作に携わる技術者にとって身近でありながら、体系的に理解するのが非常に難しい技術分野です。その原因として、筆者は大きく3つのことがあると考えています。

  1. ほぼすべてが目に見えないところで進行する。(そしてそれを検証するのも難しい…)
  2. 一つの現象に関与するパラメータが多い。(そして制御できないパラメータも多い…)
  3. 熱処理のメカニズムとイメージについての情報不足から、技術者が自分の中で知識と経験を結びつけるのが難しくなっている。

1と2については自然現象ですのでどうしようもない部分が多いのですが、3については適切に伝えることさえできれば解決を図ることは可能です。

そのため本シリーズでは、熱処理を理解するために必要となるメカニズムやイメージについて、基本的な熱処理知識の解説を交えつつ話しています。要所をイメージとして把握することで、これまでの知識と経験を結びつけることはもちろん、不測の事態に対する対応力の向上につなげていただければという思いです。

これらを知れば、熱処理の全体像把握にぐんと近づけます。ぜひ参考にしてみてください。

youtubeのチャンネル登録もぜひよろしくお願いいたします!^^

導入編

第1回 なぜ熱処理を難しく感じてしまうのか

第2回 コレがわかれば熱処理を理解できる!

オーステナイト編

第3回 状態図とは何か?!

第4回 状態図でみるオーステナイトと固溶

第5回  なぜ刀鍛冶は熱い鉄をジュってするのか!?状態図でみる鉄鋼の組織

Follow me!